gallery 龍 top  | information | schedule | space | cafe | archive | accessAlbum

2014年の記録 2015年の記録 2016年の記録 2017年の記録 2018年の記録


「城 勝彦 ガラス展 - ガラスノアール茶屋vol.5 硝子工房ロゴス -」

2018年2月7日(水)~2 月12日(月)  
城勝彦(硝子工房ロゴス)プロフィール
    1971年   福岡に生まれる。
1995年   東北のガラス工場で約二年間勤務基礎を学び、7月より京都にて開窯
   2010年~  日本工芸館主催日本民芸公募展出品、毎年入選 /2013年優秀賞
    2013年   第62回神宮式年遷宮奉賛 神々への捧げものアートコンペ選考合格
 城南宮にて奉納展示
 「硝子工房ロゴス」運営 
 →活動は個展、企画展、個別注文
(myグラス・オリジナルグラス等)が主体
   1999年   初個展 「硝子で四季の酒器」京都南禅寺内南陽院(京都)
  2001年    「二000年生まれの一000個の杯達」ギャラリーブルパンキーノ(神戸)
  2011年   ガラスノアール茶屋 vol 1,3(福岡)(京都)
   2014年   ガラスノアール茶屋 vol 4 (京町家 Gallaery cafe 龍)
企画展 2002年~  福岡市赤煉瓦文化館(福岡) 佐賀市歴史民俗館(佐賀)
 Lawas 雑貨と茶房
(名古屋) 日本工芸館(大阪) 
 手仕事あすなろの会
(大阪)
2人展 2013年   木木の葉雑器 2Fギャラリー(福岡 秋月)


「Ramo展 ー 彷徨 ー」

2018年2月21日(水)~3月4日(日)
暗闇の底で苦しみ、もがき続ける醜い私。
それでも、人の助けになるのではないかと思い、
その私を模した形や色を纏わせたものを作り続けています。
これは、ただ私の醜い姿です。


「佐藤陽介 solo exhibition - renkon展 -」

2018年3月14日(水)~25日(日)

佐藤陽介プロフィール
    1979年  新潟県に生まれる
2004年  大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業
   2004年  大阪芸術大学工芸学科陶芸コース 非常勤副手
    2007年  兵庫県三木市にて独立
      金沢わん・One大賞入選
 抹茶茶碗コンテスト入選
 高岡クラフトコンペティション入選
 現在、全国のクラフトフェア、陶器市、手づくり市を中心に活動をしています。


「ザキミヤ陶展 宮崎孝彦」

          2018年4月4日(水)~15日(日)4/9、4/10は休廊 15日は18時まで  

宮崎孝彦 プロフィール
    1998年  京都伝統工芸専門学校(現大学校)陶芸コース卒業
1998年  信楽窯元に就職
   2013年  信楽にて独立
    2015年  京都に窯を移す
      現在、個展・イベント・グループ展等に参加出展


「アカサカ ヒロコ 作品展」

           2018年4月18日(水)~29日(日)4/23、4/24は休廊 29日は18時まで 

アカサカ ヒロコ作品展(イラストレーター・銅版画家)
    1984年  大阪府に生まれる
1997年  神野立生氏が主宰するアトリエ凹凸で版画制作を始める。
   2002年  イラストレーション誌『ザ・チョイス』入選(渡辺宏氏・選)
    2005年  ラストレーション誌『ザ・チョイス』入選(大久保裕文氏・選)
2006年  個展(アートガーデン/岡山)
2007年  個展(セルフソウ・アートギャラリー/京都)
2009年  個展(セルフソウ・アートギャラリー/京都)
2010年  イタリア・ボローニャ国際絵本原画展入選
 出品 Salon des Arts 2010(Laudun L'ardoise,フランス)
2012年  個展(セルフソウアートギャラリー/京都)
2014年  個展(セルフソウアートギャラリー/京都)
 出品 
DI CARTA/PAPERMADE Biennale Internazionale di Opere di Carta(イタリア・スキーオ市)
 
個展(HBギャラリー/東京)
2015年  個展(ワイアートギャラリー/大阪)
 出品 『美術館の本棚』展(足利市立美術館/足利市)
 出品 『装画と装幀@2015』展(ギャラリーDAZZLE//東京)
2016年  個展(ワイアートギャラリー/大阪)
 グループ展(エタジ/サンクトペテルブルグ/ロシア)



『木と陶 – 飴色の暮らし – 』
高室久志(木工)・katou kumiko(陶)二人展

          2018年5月16日(水)~27日(日)5/21、5/22は休廊 27日は18時まで  

木工芸ニッポニア 高室久志  加藤 久美子 
1976年 京都に生まれる。京北の豊かな自然に囲まれ、育つ。

成安造形大学デザイン科卒業
      
京都の木工房にて助手を務め、木に触れる生活を送る。
      
その後、独立し、2015年に「木工房ニッポニア」を設立する。
      
暮らしの中で、木の良さを感じて貰える物づくりを目指して活動をする。
      
主に、関西圏の催事やイベントなどに出展 
1985年 群馬県に生まれる。京都陶工高等技術専門校終了窯元製造担当・陶芸インストラクターを経て、2013年から、西陣「京都・粋伝庵」にて陶芸教室講師、作陶中主に、関西を中心に名古屋や東京の手作り市、百貨店各店で展示販

・ブランド名katou kumiko
(カトウ クミコ)
・ブランドの紹介
器と陶器のオリジナルアクセサリー
テーブルウェアは、スリップウェアなどの技法を用いたレトロで、個性的な陶器たちアクセサリーは、和のテイストを含めた、優しくて陶器の温かみを感じるオリジナルデザインです。
・HPアドレス
 instagram:tayutauheya
 twitter:@katoukumiko0
合作品1 合作品2 合作品3 合作品4 合作品5
  高室久志作品
  加藤久美子作品


『木と陶 – 飴色の暮らし – 』
高室久志(木工)・katou kumiko(陶)二人展

          2018年5月16日(水)~27日(日)5/21、5/22は休廊 27日は18時まで  

木工芸ニッポニア 高室久志  加藤 久美子 
1976年 京都に生まれる。京北の豊かな自然に囲まれ、育つ。

成安造形大学デザイン科卒業
      
京都の木工房にて助手を務め、木に触れる生活を送る。
      
その後、独立し、2015年に「木工房ニッポニア」を設立する。
      
暮らしの中で、木の良さを感じて貰える物づくりを目指して活動をする。
      
主に、関西圏の催事やイベントなどに出展 
1985年 群馬県に生まれる。京都陶工高等技術専門校終了窯元製造担当・陶芸インストラクターを経て、2013年から、西陣「京都・粋伝庵」にて陶芸教室講師、作陶中主に、関西を中心に名古屋や東京の手作り市、百貨店各店で展示販

・ブランド名katou kumiko
(カトウ クミコ)
・ブランドの紹介
器と陶器のオリジナルアクセサリー
テーブルウェアは、スリップウェアなどの技法を用いたレトロで、個性的な陶器たちアクセサリーは、和のテイストを含めた、優しくて陶器の温かみを感じるオリジナルデザインです。
・HPアドレス
 instagram:tayutauheya
 twitter:@katoukumiko0
合作品1 合作品2 合作品3 合作品4 合作品5
  高室久志作品
  加藤久美子作品


「ジェイムス イラズムス 陶展」

           2018年5月30日(水)~6月10日(日)6/4、6/5は休廊 10日は18時まで 

James Erasmusプロフィール           
 陶 歴  1971年  イギリス ウィンチェスター生まれ
1996年  来日、大阪で英語講師をしながら、陶芸を続ける。
   1999年  岡山の備前焼窯元「備州窯」山本雄一のもとで修業を続ける。
    2006年  兵庫県丹波市春日町柚津にて築窯、初窯を焚く。(春日町に在住)
2008年  丹波市民美術展賞を受賞
2009年  全国伝統的工芸品公募展 入選
2010年  全国伝統的工芸品公募展 入選





町家 Gallery café  龍        

〒603-8213 京都市 北区 紫野 下石龍町 3-5   

TEL :075-555-5615    
   

 mail :machiya.gallery.ryu@gmail.com


トップページ | インフォメーション | スケジュール | スペース | カフェ | アーカイブ | アクセスアルバム| リンク
  Copyright © jointsix All Right Reserved 2014  /  このサイトに関するお問い合わせは ⇒ こちら をクリックして下さい。